忍者ブログ
36歳のシングル&ワーキングマザーLeafと、 13歳の女の子・Bellの日常日記。 「メリハリのある生活」をテーマに日々節約に励み、 遣う所を見極めて遣う!! オンとオフの切り替えを大事に日々を過ごしています^^
怒っていてよくそんな風に思います。

例えば今日、ついさっきの話。

年長さんから入会することになったスポーツクラブの会員証をBellが落として本棚の後ろの隙間に入れちゃいました。
彼女はそれを落としたことにさえ気付きません。

「会員証その隙間に入っちゃったよ。
 あれないと年長さんからスポーツクラブできないんだよ」
とイライラして言いました。


すると、彼女は
「だいじょうぶ、ママといっしょにやればとれるよ」
と言うので、
「何でママが手伝わなくちゃいけないのさ。ママは知らないよ」
と答えました。

Bellはちょっと困った顔をした挙句、
自力で本棚を動かすことにトライし始めます。

そして最終的に自力で会員証を救出してきました・笑。


「ほら、これでしょ」
とBell。



・・・・確かにこれだけれどもね?
何で私が勝ち誇られなくちゃいけないの?!
ってかお前、ごめんなさいとか言えないの?!

↑私の心中はこんな感じです。


私は
「悪いことしても自分で何とか出来ればママにごめんなさいなんていう必要ないんでしょ」
とぶち切れ、
「何でも一人で出来るんでしょ。じゃぁママなんていらないじゃん」
とふてくされ・・・。

取ってつけたようにそこから謝り始めるRINに、
「ママが言ったから謝ってるんでしょ、そんなごめんなさいイラナイし! 」
と益々怒り始める私。




でもね。
普段
「出来ることは全部自分でやりなさい」
と教えてる私が、
自力で本棚を動かし会員証を救出したことを怒るってのはどういう了見なんでしょうね?

そこはむしろ褒めるべきじゃないですか?!


しかも、
「何でも一人で出来るならママなんてイラナイ」
発言してますけれども。
ママは子供の出来ない部分をフォローしてあげるだけの為に存在してるんですかね?
そうなんですかね?
いや、決してそんなことないですよね!?




あまつさえ、
「ごめんなさいっていってるのにいいよっていってくれなかったり、
 おはなしきいてくれないのってあいてをすごくかなしくさせるんだよ」
と彼女に言われる始末です。。。orz


えぇ、えぇ。
私が普段言い聞かせている言葉ですよね。

お友達同士のトラブルの時、
ちゃんと相手と向き合えるように教えているんですよね。
わかっていますよ。
それを親自ら破るなんてね。
どんな親ですかね・・・。




最終的に何が何やらわからなくなって、
結局自分もしくしく泣き出したら、
「ごめんね、ママ。ごめんね・・・」
と頭撫でてくれる5歳児。

どっちが親なんですかね。
包括的な愛を持っているのはどっちですかね。



つねづね
「Leafちゃんは叱るというより、Bellちゃんと喧嘩してるよね」
とママ友に言われますが、本当・・・その通りかもしれないです。

そりゃ、
「一体ママはアンタの何なのっ?! 」
と怒っても、
「ママとBellちゃんはなかよしのおともだちだよぉッ! 」
と必死に言われてしまうでしょうね。。。。




子供に強いているのだから自分も守らなくちゃいけないのだけど、
子供のルールって大人に比べて本当に厳格で息苦しいなぁって思います。
つら。
 

拍手[2回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック