忍者ブログ
36歳のシングル&ワーキングマザーLeafと、 13歳の女の子・Bellの日常日記。 「メリハリのある生活」をテーマに日々節約に励み、 遣う所を見極めて遣う!! オンとオフの切り替えを大事に日々を過ごしています^^
先日、
後継者さんとお話しする機会があった旨はブログに書いたかと思います。
参照→(退職の話のその後。

その際に、言われてしまいました。

「(Leafを)守ることが出来なくて、本当に申し訳ない」

と。






今年の初めからずぅっと辞めたいと主張していたにも関わらず、
オフレコ、シークレット、
と上司から再三に渡って言われていて、
誰にも何も話せない状況でした。

辞めちゃうんだから後は野となれ山となれ!
と言う気持ちがないわけじゃなかったけど、
せっかくの水をわざわざドロをかいて濁らせるような事はしたくなくて本当に誰にも話してなかったんだよね。


それが、
先日の話し合いでようやく上司が経営者陣に私の意思を通達してくれたんです。

まぁまだ、
「オフレコなんだけど・・・」
と言う枕詞つきなんだけど・笑。

いつオフレコじゃなくなるの? 苦笑。



でもまぁ経営者陣複数人に知れ渡ると言う事は、
結局内々にみんなに知れ渡るって事で、
誰も表立っては言わないけど私が辞めたいと思っていることは周知の事実となっているわけです。

だから、後継者さんも私に話をしにきてくれたんだけど。。。。



みんなの反応がどんなものになるのか私は多少怖い気持ちがあったのだけど、
思いの外、
「あんな(に難しい)とこでよく今まで頑張ってくれてたよね」
と言う世論の方が勝っているようです。

今まで経営者陣と労働者陣の間に入って、
みんなの防波堤になれればと、
奔走していたのを評価してくれたと言う事でしょうか。

それはそれで少しだけ心が報われる想いです。




でもね。
私は今まで生きていた中で、
基本的に「誰かに守って貰う」事なんてなかったんですよ。

だから、
「守れなくてごめん」
だなんて、
そんな発言をされてしまうと、
どうしようもない罪悪感に囚われる。


だって、そういう発言してくれると言う事は、
少なからず私を
「守らなくては!! 」
とどこかで思ってくれていたと言う事でしょう??




むしろこんなとこで投げ出してしまってこっちがごめんなさいだよ!!!
ウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!! 


私が居なくなることで絶対にみんなは色々不便になっていくし、
それがわかっていながら投げ出そうとしている私を、
怒るどころかそんな言われ方をしてしまうと、
何かどうしようもなく悲しくなるのです。


後継者さんは私の苦しい立ち位置をいつも心配してくれていたし、
私の愚痴や不満を最大限取り除くべく一生懸命に奔走してくれた人でした。
充分良くして貰った気持ちで一杯だし、
ご本人の方がよっぽど大変な想いをしているんだよ。
それなのにこんないち事務員を守るとかいわないで><

とてもありがたく、涙が出そうな程に感謝の気持ちで一杯になる分だけ、同じように凹みました。



思い起こせば1つ前の会社でも辞める時、
同じ台詞を言われたんですよ。

「守ってあげられなくて、ごめんなぁ・・・」
と。

寂しそうに。。。。


私はいつも、どうしても、守られるつもりなんて全くないのだから。
むしろ、
「(みんなが戦っている中で)一人逃げてごめんなさい」
と思っているから、
そんな悲しくなるような事を言わないで、
と、思う。



切ないなぁ。。。

どうして私はここでやっていけないんだろう。



そんな想いに囚われる1週間だったのでした。

何言ってるかよくわかんないですよね><
でも書かずにいられませんでした。
ごめんなさい。







シングルマザーランキング

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村


拍手[6回]

PR

仕事を辞めたいと言い続けた1年だったような気がします。


先月、
「もう難しいなって気持ちはわかっているんだけど、コレが最後。最後にもうちょっと考えておいてちょうだい」
と言われました。

「上司がそう言うのであれば考えますけど、もう一度考えても変わりませんよ」
と返しました。



数日後。

「どう? 」
と聞かれたので、
「変わりません」
と答えました。



その時初めて、
「わかった」
と言って貰いました。


退職日は年明け1月末日。



7月一杯で辞めたいと申し出てから、半年後の退職日となりました。
(この件に関してはこちらも便宜を図ってもらい、納得しています)


ハッキリ決まり、上司が表立ってみんなにも公表してくれた事から、
気分スッキリ!!!
と言う気持ちと、
7年勤めた会社を去る寂しさがないまぜになってちょっぴりセンチメンタル。

残る、と言う選択肢はないけれど、
去る、と言うのは何とも寂しいものですね。

嫌いだけど好きでした。
自分勝手だけど、寂しいなー。




そんなこんなで数日後。

引継ぎの方に、
「とても心配な部分があるので春まで居て貰えないか」
と内々に打診を受けました。

自分自身もそこは不安に思っている所でした。



元々春までは娘の卒業や色々平日に用事が立て込んでいたので就職するつもりはなかったので、
「もうすでに色々予定を入れてしまいました。そこをちょこちょこ休んでいいのであれば春まで在席していてもいいです」
と答えました。

なので、退職日はもうちょっと伸びるかもしれません。



何にせよ、来年は母子共に変化の年になりそうです。



そして。
後継者の方に食事に誘われ、お話して来ました。

辞めると言う話を聞き、居ても立ってもいられなくなったとのこと。
「辞めて欲しくない」
とは言われましたが、難しいかな。。。ごめんね。


最後は、
「オレの時代になったら声かけさせて貰うから」
と言ってくれました。

お世辞でも嬉しかったです。
私なんかの為に労力と時間とコストを割いてくれる後継者さんに感謝の念を抱きました。

公表した次の日ですよ?
何てスマートなのでしょう・笑。
ありがとうございます。



そんなこんなな私の退職奮闘記でした。
頑張ろう!





シングルマザーランキング

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

拍手[9回]


会社を辞める事にしました。
細かいお話はコチラに記載しています。
決意の朝。
会社を辞めたいのに上司が頷いてくれない件。
退職話の決着について。

そして実家の父との攻防。
私はなんの為に生きているのか。



「心配」と言う名目なのでしょうが、
色んな方からやいやい言われると心が塞いできます。
閉じこもって貝になって海の底に沈んでしまいたくなります。

特に我が家は家族全員、自己主張が激しいB型!!
(B型の方が全員そうだとは思っていません>< うちの家族が! です・苦笑)
そんな中に一人、卑屈で腹黒いO型(私)がいるので、
「どうせ私の話なんて誰も聞かないでしょ!!! 」
と言う構図になる。


でもね。
誰に何の話を聞いて貰えなくても、
私の意見は消えてなくなりはしないし、
相手を言い負かす(説得する)事は出来なくても、
じゃぁ相手の意見に従うのかと言われたら、
そうじゃないんですよね。

私は私。
そうだなって思えない事には従えないし、
納得して動くから「頑張ろう」と思えるわけで、
そうじゃない事を無理矢理押し付けられても頑張れるはずがないんです。


同時に。
私は私で、
私が生きる責任を負っています。

仕事がイヤだから辞める。
生活は誰かがなんとかしてくれる。
お金がなくてもなんとかなるよ。

そういう毎日を送れるハズもありません。


私は私で私の生活を成り立たせないといけないし、
今は私以外にも「娘」と言う守らなくてはならない人もいる。



そういう点を踏まえた上で、
自分がもっと生きる事が楽しいスタンスはなんだろう??

そう考えるようになりました。


生きていかなくちゃいけないんですよね。
それは真っ当に考えて、
残り50年近くあるんです。

最大のリスク回避として、
私は生活をコンパクトにする事を実践しています。
が、今が年齢的にも働ける最大値で、
この後、加齢と共にその値はどんどん小さくなっていく。

その時点でコンパクト化が益々進んでいればいいですけど、
そうじゃない場合、
一体自分はどうするつもりなのか??


例えば今が生活を立て直している最中でそこまで考えが及ばない。
そういう人も居て、毎日を回す事で精一杯の人もいると思います。
でもそういう人も多分、いつか周囲を見回す事の余裕が出てきた時、
ずっとそのまま生きて行く事はしないと思うの。

リスクを少しでも減らす工夫をするし、
今後の事も考える。

目を逸らしても生きる毎日が消えてなくなる事はないし、
白馬に乗った王子様が迎えに来てくれることもない。



そう考えて、
1つの結論を出しました。

「それでも今の仕事は辞めたい」

このぶれない想いは、もう致し方ない。
甘かろうがバカだろうが、
それはそれで仕方ないんだよ。

だとしたら、
そこから何をどう、
より良い明日に繋げるかを考えていくべきだ。

そう思いました。


アルバイトでもパートでも派遣でも良い。
子供との時間を大切にしたい。

でも、
その時間を確保出来るなら、正社員でも良いんじゃないの?

圧倒的に雇用を守られる正社員。
まぁ、
父や兄がそう言うのは企業規模がでかいとこにいるからだろうと思うのだけど・苦笑。
でもなれるなら正社員で働けて居る方が良い事は私にもわかる。


ただ、
今後年齢と共に正社員というその道は閉ざされていくだろう。
それを踏まえた上で言うなら、
今は正社員になれる道を模索していけばいいだろう。
ここは楽を求める場面じゃないかな。
本音は求めたいけれどね。


でもいつか、そこしか求められない時が来るし、
それはもう、今回かもしれない。
結果的にどんなに頑張っても正社員になれないかもしれない。
そうしたらその時、
手を伸ばしたけどダメだったよって言いながら、
派遣になったりパートになったりで良いのではないか??

まずは手を伸ばしてみる。
やる前から諦めないで動いてみる。


幸い、
離婚した時もマイホーム購入の時も、
世間の非情さに打ちひしがれているから、
ヘタな鉄砲を撃つのは得意だよ! 笑。


ここにいる残り半年、
自分には何が出来て、
自分には何が出来ないか、
必要なのは何か、
世間のニーズはどうか。

色々考える半年にしていけたらと思います!



頑張ろう♪



拍手[6回]


おはようございます^^
当ブログへようこそ!

このブログはシングルマザーLeafが、
毎日ジタバタ生きている日々を徒然の日記にしているものです。

等身大で率直な気持ちを綴る、とりとめもないものですが、
お時間許す限り、
よければ読んで行って下さると嬉しいです♪

↓良ければ下記バナーをクリックしてあげて下さい★
励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


退職話です。
そしてめっちゃ愚痴です。
出来ればスルーして下さい。


実家の両親に仕事を辞める旨伝えました。

物凄く反対(?)なのかどうかわからないけど、
「情けない」
「お前は甘い」
「卑屈だ」
とのような事を延々言われ続けました。

「辞めるんじゃない」
と断言しないのは、
「お前が決めたことだから」
という最後の決定権をこちらに投げているつもりなのでしょうが、
ニュアンスから言ってそれはもう辞めるんじゃないと言っているのと同じだと思うの。

だったら「辞めるんじゃない」と言われた方がまだわかりやすくて話も出来るのにな。
実家の両親は心配してくれてるんだよ。
そう思うしその気持ちはわかるけど、
私の想いというような事を全く無視して話し続ける。



正社員じゃなきゃダメだ。
もっと働いて年収をあげる努力をしろ。
情けないと思わないのか。
子供はどんどん離れていくんだぞ、自分の事を考えろ。
というようなこと。


そうじゃなくて、
私にとっては金銭的にいくら多く貰うかが重要じゃなくて、
少しの給料で良いから、
どうせ死ぬまで働き続ける必要があるんだから環境を良くする事を重視したい。
と言っても、
「そんなのは」
と言う言葉で却下される。


「お前は甘い」
わかっているよ。
甘く生きて生きたいんだよ。
だから甘くいられるように、
お父さん達より遥かにコンパクトな質素な生活を私達はしていて、
その試算で話しているのに、
そのコンパクトな生活を目指す事自体が情けないと否定されてしまう。

人それぞれでいいんじゃないの?
みんながみんな、
高収入を目指して生きて生きたいと思っているわけじゃないんだよ。



でも資格を取れ。
なんで勉強しないんだ。
お前は甘いんだ。
もっと働け、
いい会社に就職しろ。
もうお前はそんな会社になんか入れないだろうけどな。

みたいな事を話され、
どの資格をいつ取るんだ。
みたいに詰め寄られ・・・。



わかってるよ。
お父さんの言いたい事も言ってる事も正論だよ。

でも、のほほんと居たいと思うことはそんなに悪い事なのかな。
もう小さくない12歳の子供との時間をそれでも確保したいと思うことはいけないことなの?



非正規で働いているシングルママさんは沢山いるよ。
お金ないって四苦八苦してるかもしれないけど、
それでもなんとか生きてるよ。

って言ったら、
「シングルマザーと比べるな」
と言われた。

私はシングルマザーだよ。

常に自分(父)と兄と立場を比べられる。
お二人は子供をそんなに見てないよね。
確かに高級取りかもしれないけど、
21時や22時に私が帰る生活をしてたら、
誰が娘を見てやるの?
誰が娘の些細な変化に気付いてやるの?

私は一家の大黒柱だけど、
その前に、母親だよ。
女性だよ。

と言ったら、
そうやって逃げるな。
というような話をされた。

私は何から逃げてるんだろう。

父からしたら、
私が生きる事そのものが「逃げ」であり「情けない」ものの象徴なんだろうな。


この会社にいると胃が痛くなって家で心が荒んで、
家に帰っても頼れる相手はどこにもいなくて、
食べるものが苦く感じることがあって、
眠れなくて夜が長いなぁとじっと朝を待って、
切羽詰って子供に関係ないことを当たる毎日がイヤだ。

これを話しても、
「そんなことは大した事じゃない」
って言われるに決まってるから黙ってた。

わかって貰えないから話をしたくない。
でも両親からしたら話さない事は「逃げ」なんだ。


だからそれでも言葉を紡ぐ。

「仕事の負荷を減らして家庭を優先したい」
それがダメだと責め立てられる。

なんで?
私が生きてるのは、娘がいるからなのに。


子供はいつか離れていくんだ。
って、そんなの知ってるよ。
知ってるからこそ、
子供の方から離れて欲しいと願っているんだよ。
寂しいなぁって思いながら離れていって貰う事もダメなのかな。
私は寂しいなぁって親離れした子供の背中を見送りたいんだよ。

「もう私が仕事一辺倒でも平気よね! 」
なんて勝手に決めて、
朝から晩まで仕事尽くしの生活なんて私には出来ないよ。



結婚式、出産、
そして離婚した時も、
生活が苦しかった時も、
家を買った時も、
そして恐らく今回も、
資金的な援助を貰った事は一度もないよ。

何か迷惑をかけているのだとしたら、
それは申し訳ないと思うけど、
結局いつもそうやって「こうあるべき」というような事を言うだけ言って、
自分は何もしない。


周囲を見渡せば、
「情けないなぁ」
と言いながら娘の部屋を借りてくれたり、
資金援助をしてくれるシンママ仲間のお父さんが羨ましいよ。
私は言われるだけ言われて、何もして貰えない。

別にしてくれるとも思っていないから、
だったらせめて、
言動をもう少しオブラートに包んで欲しい。



シングルマザーとして私は私なりに一生懸命やってきているよ、
というような話をしても、
「そんなのはお前が好きで離婚したんだろう」
というような事を言われる。

その通りだよ。
そう言われたら、何も返せないじゃない。

それでも
「どうすんだ」
「どうすんだ」
と詰め寄られる。

何をどうするか話せばいいのだろう。
言ったら全部よくわかんない突っ込みで否定されるだけなのに。


「住宅ローンはどうすんだ」
と言われるけど、
今より高い家賃で今より収入が低かった時代、
それでも両親の援助もなく実家にも帰れず死に物狂いで頑張った時期があったし。
それに比べれば貯金も少しはある今のほうが遥かにマシだよ。
と思った。

「これから将来どうすんだ。年金なんてアテに出来ないんだぞ」
というような事を言われるけど、
私の30年後のライフプランの為に、
今の仕事にしがみつくのかな。

娘が成人したら私は42歳。
そこから子供費用に充てていた分を残り23年間積み立てるよ。


でも両親が欲しいのはその「どうすんだ」への解決策じゃないんだよね。
その回答も結局何も聞いて貰えず、
「そんなものは」
で打ち消されて終わり。

次の仕事がどうなるかなんて私にもわからないのに、
「次の仕事は何すんだ」
って詰め寄られる。
「わからない」
って返答したら、
「そんな甘いこと言うな」
と怒られるし、
「じゃぁこうするよ」
と進路を話すと、
「そんなのはお前には入れるわけがない」
と。

「じゃぁ別に派遣でいいよ」
「派遣なんて絶対にダメだ」



もうどうしようもないじゃん。
生きててごめんねって言いたくなるよ。


こちらも先行きがわからなくて不安なのだよ。
「凄く厳しいと思うけど、出来るだけ頑張ってみなよ」
って言ってくれたらいいのにな。

私にもそういってくれる人が一人でもいてくれたらいいのになぁ。




両親に
「お前を案じながら死にたくないよ」
と言われた。

私は両親の安らかな死の為に、
こうやって昨日も胃が痛くて眠れない夜を過ごし、
不意に涙が溢れる毎日を過ごす。


「ママの好きなようにしていいと思うよ。ご飯食べられれば、なんだっていいんだよ」
って、娘に言わせてしまう。
私は何の為に生きてるんだろうなー。
ちょっと生きる価値を見失うわ。



でも1つだけわかったよ。
子供の気持ちを無視して自分の意見を押し付ける事ほど子供が辛いものはないって。
「心配」なんて免罪符、押し付けられる方はたまったもんじゃないって。
私はこれでまた1つ、
娘にとって良いママになれたと思う事にして忘れる。

愚痴でした。





↓ ポイントサイトのお得な活用法を、ブログで紹介しています^^ 
まずは登録! そしてまたブログに遊びに来て下さいね☆

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン 
無料ですぐ貯まる!ポイントサイトすぐたま Gポイント
モッピー!お金がたまるポイントサイト
友達招待してもされてもポイントGet!アンケート・ポイントSNS mydoki


拍手[6回]


おはようございます^^
当ブログへようこそ!

このブログはシングルマザーLeafが、
毎日ジタバタ生きている日々を徒然の日記にしているものです。

等身大で率直な気持ちを綴る、とりとめもないものですが、
お時間許す限り、
よければ読んで行って下さると嬉しいです♪


人気ブログランキングへ


ちょっと間が空いてしまったのですが、
会社を辞める話。


連休明け、上司からは何の切り出しもなく・・・・。
後数日で通勤定期が切れるというところで、
「私は次はどれ位の定期を買えばいいのでしょうか」
と切り出した。

そうしたら上司の主張が始まった。

どうしてもLeafさんが辞めるというのであれば、
そこはもう仕方がない事だと思う。

ただ、そこは誰でも出来るセクションではないので、
引継ぎ期間は少し長く取っていただきたい。
出来れば・・・・
年末調整まで。



現在5月。
年末調整は誰もが知っている12月。

とても長い・・・苦笑。


ただ、会社側の勝手な都合である事は重々承知しているので、
給料面で少し手当てをプラスする位の事はさせて貰う。
と。
勿論、その間に退職を撤回したいと言われたら、
こちらはそれで構わないと思っている。
というような事を言って頂いた。



うーん。


勿論ここはお世話になった会社で、
別にもう二度と足も踏み入れたくないと言う程の事もない。
重要なセクションと言われれば確かに人様の給料を一身に預かる身ではあるし、
出来る限りの事もしたいと思った。

が、まさかそこまで長く、と言われると思っていなかったので、
すぐに返答を返す事が出来ず、
「長くても7月位までかなと思っていました」
と返した。

「少し考えてもいいですか」
と返し、その日はそのままお話を終えました。



そして、
しばらく時間を貰いよく考えたのですが、
突発的に辞めても貯金を食いつぶす位しかやれることがないかなと判断。

確かにこのままここに居続けるのは非常にイヤな事ではあるけれど、
12月という区切りが決まっていれば少しは気持ちも楽になるような気がすると思い、
受ける事にしました。

給料などを上げて貰う気はなく、
そのまま現状維持で良い事も伝え、
ただ、
辞めるまでの間は土曜日出勤をなしにして頂きたいとお話した。
上司はそれを承諾。

また、12月の終わりに退職をしてもすぐに年末年始のお休みになってしまい、
就職活動が出来る時ではなくなっているので、
1月までいさせて貰う事にしました。


上司は少しホッとしてくれたようで、
給料は上げなくて良いと言ったら、
「じゃぁボーナスで補填するから」
というような事を言っていました。

それも断ったけど、
真偽の程は定かではありません。
気分的に言ってしまっただけかもしれないし。



ひとまず終着。
仕事は来年まで続きますが、
年明けからは自由になれそうです^^

やっとスッキリするかなー・・・と思ったけど、
なんだかこの先を考えると思いやられ、
悶々とし始めました。

仕事、決まるかなー・・・とかさ。
別に正社員じゃなくてもいいやって自分に言い聞かせたり、
ダメならここに残留してもいいって上司は言ってたし、
(でも絶対残留はしたくないから気休めだけど)
とか自分で自分を慰める事多々・苦笑。

メンタルが弱くてホント嫌だなぁ・・・。

続きます。





↓ ポイントサイトのお得な活用法を、ブログで紹介しています^^ 
まずは登録! そしてまたブログに遊びに来て下さいね☆

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン 
無料ですぐ貯まる!ポイントサイトすぐたま Gポイント
モッピー!お金がたまるポイントサイト
友達招待してもされてもポイントGet!アンケート・ポイントSNS mydoki


拍手[1回]