忍者ブログ
36歳のシングル&ワーキングマザーLeafと、 13歳の女の子・Bellの日常日記。 「メリハリのある生活」をテーマに日々節約に励み、 遣う所を見極めて遣う!! オンとオフの切り替えを大事に日々を過ごしています^^
9月3日。
「特別区職員 経験者採用試験」と言うものを受けて来ました。
いわゆる、公務員試験ですね。

 

公務員って学生の時に勉強し、
そこで合格した人しか入れないと思っている人はいませんか??

実は社会経験を積んでからでも入職する事は十分に可能です!
「経験者採用枠」というのがあり、
企業での職務年数などの一定基準をクリアすれば、
この試験を受ける資格が得られます。
詳しくは公式HPを御覧下さい。
http://www.tokyo23city.or.jp/saiyo/kei_annai/keiken_top.htm

ちなみに私は「3級職Ⅰ」と言われるものに該当します。
年齢が若い方(2級職)の方が採用枠は広く、
年を経る毎に枠は狭まりますが、
今年は昭和47年生まれの方まで受験する事が可能でした。
つまり、43歳までの方なら受験可能。
(勿論、規定する職務経験を有している方限定)


私が今すぐにでも辞めたいと思っているこの職場を年末まで退職しない理由の1つは、
実はこの職務経験を満たす為でもありました。

子供が小学校に上がるまで部分的なパートタイマーだった私は、
娘が2歳頃から7才までの5年間の就労が、
この試験の規定枠に満たなかったんです。
経験として参入出来るのは週29時間以上働いている場合。
フルタイムワーカーならパートアルバイトでも経験になりますが、
私の就労時間はその頃週15時間だったので、
参入して貰えませんでした><

そんなわけで私はこの試験の存在を知りながら、
ずっと
「受験資格なし」
の状態だったんです。

今年初めてその受験資格を満たしたので、
どんな感じなんだろう??
とまずは受験してみる事にしました。


採用試験ですので勿論受験料は無料。
皆様の大切な税金から捻出されておりますので、
くれぐれも当日欠席のないようにお願いしますと記載されていました。


試験は「教養試験」と「職務経験論文」と「課題式論文」の3つ。
午前中に2時間ほどかけて「教養試験」をやり、
昼休憩を挟んで「職務経験論文」。
その後30分の休憩時間を挟んで「課題式論文」をやりました。


色んなホームページやインターネットを見ましたが、
特別区のしかも経験者採用、
一般的な2級職でもなく更にマイナーな3級職ということで、
対策らしい対策や参考書などがなく、
公務員試験も色んな種類があり過ぎて何をどう選べばいいのかよくわかりませんでした><
(なので、恥を忍んで今後の方の為にもブログにした次第です。。。)


四苦八苦して調べた結果、
教養試験は高卒レベルの教養問題との事だったので、

 


私はコレ↑を使いました。
使ったと言える程、勉強出来ませんでしたけど><

 


そして論文試験対策にはこちらを使いました。
こちらも前半部分や自分が興味を持つテーマを読む程度。
実際に論文を書いてみたりなどはとても間に合いませんでした。。。。

これまたインターネット情報で、
「公務員試験は興味本位で受ける人間が8割。しっかり対策を練って挑むものが2割」
との書き込みを見つけましたが、
まさにその通り!
興味本位の8割に入ってしまった私です。。。苦笑。



そんなわけでどちらも大してやりきる事が出来ないままで、
正直行きたくない気持ちも芽生えたのですが、
「税金をムダにしないで下さい」
の言葉を思い出して重い足を引きずって行く事にしました。



でもまぁ、
空席は目立つ試験でしたね。

フツーの資格試験なんかだと自分がお金を払って受験している分、
特別な事情がある人しか欠席されないですが、
この試験は「無料」ですからね。

私みたいに安易に申し込んで、
やっぱりやーめた!
って人は比較的出やすいのかもしれないです。
大体30人位の教室ですが、6,7名は空席でした。

公務員試験はいつも高倍率ですが、
こんな感じで分母がやたらめったら大きくなってしまう事が影響しているのかもしれません。
それでも倍率は高いですけどね><




さて実際の試験はというと・・・。

これまた予想以上に出来ました。
前出した教養試験の参考書を何問か解いた感触もまぁそこそこは出来ていたので、
問題自体はそこまで難しくはないかもしれません。

そして易しい問題だからこそ、平均点も高いと思われます><
取りこぼしのないようにしっかり理解した上で臨んだ方がいいでしょう。



論文は実は初めて書きました。
制限時間1時間半、
1200字~1600字の2本勝負!

前出した参考書で時間配分や書き方を読んでいたので規定時間内に規定文字数を書き上げる事は出来ました。
文章を書く事が好きですが所詮自己満の世界かなと思っていたので、
今回これをやり遂げた事でちょっと自信がつきました^^

個人的に1時間半で1200字を書くのは手の痛みとの戦いでした・笑。
2本目の後半は正直諦めそうになった・・・orz
すっごい雑な字だったと思います。
いつもPCで入力して居る事が多いので、
字を書く事の体力が衰えていました・苦笑。


課題自体はそこまで難しいものでも専門性を問うものでもなく、
何を書いたらいいかわからないと言う事はありませんでした。
しっかり対策している(と思われる)人は、
すぐに書き始めていたので難易度はそこまで高くないと思います。



そんなこんなで初めての「特別区職員 経験者採用試験」受験。
とても勉強になりました。
ひとまず順位的な成績が出るそうなので、
それが出てから来年度を受験するかどうか考えたいと思います。



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村





拍手[9回]

PR

しがない零細企業で働いております。


パートで3年ほど働き、
正社員になるべくそこを退職したものの、
就職先でどうにもガマンならないことがあり辞めよう! と決意。


タイミングよく
「戻っておいでよ」
と言って貰えて、
しかも就業時間を短縮させて頂き働いています。
短時間正社員制度ってやつですね。
前例はないので100%あたしを招く為に作って貰いました。


 


感謝はしています。
心も身体もズタボロに病んでいた頃、
わざわざ会社の規則を曲げてまで招き入れてくれた上司。
小さな会社なのでナンデモアリだから出来た事だとは思いますが、
それにしたって私の為に手間や時間を割いてくれたのは事実ですから。


 


そんなことから早3年ほどでしょうか。


段々と仕事の負荷がかかってきていることを、
正直シンドイと思っている自分がいます。


上司ももう年なのですよね。
数年前までは自分でやっていた仕事がなし崩し的に全部こちらに回ってきます。
「やってみて」
とか
「将来的にやってくれると助かるよ」
と言いつつやり方を教えてくれるならいいんです。


が、
「なんでこれやってないの?! 」
みたいな基本怒られ口調で一式投げられる・・・。
こんな振られ方なので当然締め切りも短く、、、


「え?! あたしがやるんですか?! 」
と反論してみてもムダ。


そして誰も教えてくれない。
上司に聞くと、
「そんなのはカンタンだ! 」
とは言うけどやり方を教えてくれない。


去年や一昨年のやり方に習ってどうにかこうにか仕上げてみるけど、
それでどこかに提出して、不備があると
「知識不足だよ!! 」
と怒られる。


 


あーあ・・・。


だったらアンタがやってくれよ。
だったらやり方きちんと教えてくれよ。


そう思ってしまう。


大体役職も何もついていないしがない事務員(しかも薄給)が、
法定調書レベルの書類を仕上げたり税務署への申告の書類を作成したり、、、
どうしてそこまでやらなきゃならないんだろう・・・。
とつくづく思う。


自分の勉強にはなるのでやりたくないわけではありません。
が、
一歩間違えば大惨事になりかねない書類をこちらに丸投げて、
やり方は手引きか去年の作成書類を見ればわかるとだけ言われ、
出来た書類はほとんどめくら判状態で提出され、
挙げ句不備があると私の大失態かのように取り上げられる。


普通は私の書類に目を通してハンコを押した時点で、
上司が強く怒れるような事ではないのではないかな?
と思うんだよね。


それでもピンチを救ってくれた恩があるので耐えていましたが、
先日、
去年は「こうだよ」と言われてその指示通りにやっていたものを、
「昔のを引っ張り出してみてみて」
と言われた際に引っ張り出したそれの書類の様式が違っており、
それを
「また間違えたの?! 」
と怒られました。

去年のはアナタが出した指示通りに私が清書しただけなんですけど!!!
そう言い返してみましたが、
結局言い訳みたいな取り扱いをされ、
なんだかとても空しくなりました・・・。


受け流せる程許容量が広くもないあたしは、
それからずぅっとうっすら頭痛・・・。
「そうは言っても恩があるから」
と繋ぎとめていた何かがプツンと切れました。

いつかきっと、
何かのミスを私のせいにされて大激怒される日が来るんだ。
そう思うと頭痛が増します。


目的があるのであと1年位は辞められないですが、
達成の暁にはさっさとやめてやりたい気持ちになりました。

恩を仇で返す事になるんだろうか。
なんだか身動きがとれなくて嫌になってくるので吐き出させてもらいました。


とはいってもまだ目的は諦めたくないので、
当分はそれでもここに居続けます。





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


拍手[3回]


仕事で総務をしていることもあるし、
お一人様で人生を考えることもある。


そういう意味で、
「取って損はないな・・・」
と思う資格に【ファイナンシャルプランナー】がある。


 


そんな経緯から、転職して1年目。
何かしようと思い、
ファイナンシャルプランナーに目をつけたのだ。


そうだ! FPを取ろう!




3級は1回で合格出来た。


それなりの参考書を買って、
それなりにその参考書を開く時間を確保して、
試験日が迫ればホームページに載せられている過去問を何年分か解く。


参考書を読んだ段階で、
「・・・イマイチわかんないかもしれな>< 」
と思うようなことも、
ウロ覚えでも頭の隅っこにあればなんとかかんとか問題を解くことが出来るのだ。


私は社会に出てからずっと仕事と言えば経理事務だったし、
数年間とは言え総務で給料計算や社会保険、年末調整にも携わってきた。

後は相続や金融や贈与なんていう科目を覚えていけば十分に間に合わせることが出来たのだ。



試験日前は心臓がバクバクだったクセに、
試験が終わって自己採点で余裕綽々だったことに天狗になり、
へへん♪
って思ってしまった・・・・。



ヨシ!
それなら次は2級を取るぞ!


試験日は3ヶ月後。
同じように参考書を買って、問題を解く時間を確保して試験日少し前から過去問題を解く。


ところが!

3級だった頃は過去問を解くと7割以上を取れていた自己採点が、
どう頑張っても6割スレスレ。
2回に1回は落っこちるという有様だ><


3級から2級への難易度の上がり方が半端じゃない!

一問一答○×式だった学科の問題が、急に四者択一に変わる。
言ってることが長たらしく、小難しい表現に変えられ、
「ニホンゴイミワカリマセーン」
の域に達する・・・。



結局前日までなんの自信も得られぬままに受験。

実技は少し余裕な点数を持って合格することが出来たが、
学科が1点足らずで落ちてしまう結果となった。



心挫かれ早1年。
FPの参考書は埃をかぶったまま1年。

実技の合格の権利が残り1年・・・。



このままじゃいかん!
と立ち上がった5月。

埃を払って再び開いた参考書。


けれど、やっぱり1点足らず、不合格。。。。


もうやる気もないまま、
モチベーションがどうにも上がらない9月。

なんだか法改正も段々と多くなってきているし・・・
と新しい参考書を買うも、
結局2点足らず、不合格。。。。


次は1月。
これで受からなきゃまた実技からの受験になる><



頑張らなきゃと思いつつ。
何か良い勉強法はないかなぁ。。。。
と模索する日々だったりします。


やっぱり私なんかは、それなりの学校に通わなくてはダメかなぁ。。。。
でもそうすると、時間もお金も割かなければならない。

それだけは・・・orz


願わくば、
1月にある娘のピアノの発表会と試験日が被らないことを願います><


頑張れ私!




・・・本当は受かってこの記事書きたかったんだけどなぁ・笑。

【FPの本を見てみる】




人気ブログランキングへ


拍手[3回]