忍者ブログ
36歳のシングル&ワーキングマザーLeafと、 13歳の女の子・Bellの日常日記。 「メリハリのある生活」をテーマに日々節約に励み、 遣う所を見極めて遣う!! オンとオフの切り替えを大事に日々を過ごしています^^
最近の娘はかーなーり、めんどくさい。



昨日の夕方、家に置いてあったカットパイナップルを無断で食して私に怒られた娘。



いや、いいんだよ食べて。
そもそもがおやつにって買っておいてあるものだからね。
果物美味しいもんね。


でもそれ、私的にはおやつの時間に食べて欲しかったんだよ。
おやつってわかる? 15時だよ?
あなた昨日15時には学校から帰って来てたよね?

だったら友達と遊び尽くしての夕方、私の帰宅する直前に食べるものじゃなくない?
もしもどうしても夕方食べるなら、せめて1コ2コとか、おおまけにまけて半分とかにしない??


それなのに1パック全部食べちゃうってナニソレ。
あたしの夕飯に対するボイコットかオラ!





そうやって怒られた後、「いただきます」した娘。
とーてーも、やる気なく食べる。


何ていえばいいの?
まずそうに食べるって言えばいいの?
お腹一杯なのに無理して食べるって言えばいいの?

そんな感じ。



市販のカットパインを食べたが故に、私が仕事から帰って来て急いで作った料理をまずそうに食べるって何?
まずいの?
私の労力に対するクレームか?!




腹立つなヲイ!!!


「そんなに食べたくないなら食べなくていいよ!! もうパインだけ食べてなよ!! 」

と言いかけた(最後まで言えてない。遮られた)ら娘、涙ぽろぽろ流しながらこう言い放った!!!

「だってニワトリがぁぁぁぁ!!!! 」








はい?

ニワトリがいかがした?










「ニワトリがかわいそうなんだもん!! こんな私なんかに食べられて、幸せなのかなって考えたり、そのお野菜だって農家の人が一生懸命作ったのにこんな私なんかに食べられて可哀想だなって思ったら食べれなくなっちゃって・・・ッ」





えぐえぐ。
 ウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!






えぇっと?
あたしは今、何の舞台を観ているんだ?!





確かに夕飯はニワトリだ。
私と娘の大好物、鶏肉のバジルソテーだ。

それに幼い頃の娘は、鶏肉が可哀想だと泣いて食べれなくなった経緯はあったよな?



だが何だ?
それが今どうしてこんな問題に直面してるんだ?!





素っ頓狂過ぎて笑ってしまったよ。

わかっているよ。


そんなつもりじゃなかった事を怒られた悲しさが混線して、

自己憐憫のスイッチが入り自己肯定感が極限まで下がった。

結果、泣きたい理由を目の前の鳥に投影し、

「こんな私に食べられて鳥がかわいそう」

と言う結論。






いいかい、娘よ。

どんな人間に食べられたら嬉しいかどうかなんて、食われる鶏には関係がないんだ。
なぜなら鶏はどんな理由をつけても食われる為に死ぬから。




そう話し出したらまた、ブワッ。゚(゚´Д`゚)゜。と泣いてしまった。




違うよ!!!

だからこそ食べた側がちゃんと食べた事に感謝して、元気に頑張らなくちゃいけないんだよ。
その為には「自分なんか」と思うような人間じゃなくなれる努力をすべきだし、美味しく鶏を食べてあげられるように夕飯前に沢山おやつを食べないであげる優しさを持たなくちゃね。

と言いたかったんだよぉぉぉぉ!!!






失敗したなぁ。。。
私はいつも一番辛くてインパクトのある情報から前に出して話し出すクセがある。
それが裏目に出てしまった。


昔の娘は目を真っ赤にしながらもちゃんと最後まで耳を傾けてくれていたが、今の娘は目の前の事実にだけ反応してあとは耳を閉じてしまう。

これじゃ過酷な現実だけを突きつけておしまいの不毛なお話じゃないか。。。
トホホ・・・。




もう収集が付かないので放置。

ホントめんどくさい。




ひとまず学校の連絡帳にお手紙を書いて挟んでおいた。

「鶏さんはあなたに食べられて良かったと思うよ。そう思えないなら、良かったと思えるように努力したらいいんだと思う。あなたが頑張れば、その分鶏さんは嬉しいと思う。【私なんか】とは言わないで。それは、鶏さんもママも悲しくなる言葉だよ><」

と。



冷静になって読んだら娘の心に届くかな???



放課後、
「ママ、お手紙読んだよ。はげましてくれてありがとう!! がんばるね」
とラインが届いたのでした。


やれやれ。



最近はこんなことが日常茶飯事の我が家。
早く中二病な感じから早く抜け出て欲しいけど、私の子だし難しいだろうなと思う今日この頃でした・笑。





シングルマザーランキング

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村




拍手[5回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック