忍者ブログ
36歳のシングル&ワーキングマザーLeafと、 13歳の女の子・Bellの日常日記。 「メリハリのある生活」をテーマに日々節約に励み、 遣う所を見極めて遣う!! オンとオフの切り替えを大事に日々を過ごしています^^
さて。
まずは2月4週目。

・食費  5,072円 (ポイント238円分使用)
・美容費 359円
・交通費 266円

今週はこれだけ^^




今までの蓄積から・・・

・交通費 2,965円
・雑貨  940円
・食費  27,838円(1,391ポイント使用)
・交際費 1,300円
・書籍  949円
・文具  367円
・遊行費 3,000円
・美容費 10,916円(410ポイント使用)

総合計で48,275円です。
使ってよい流動費は48,600円までなので、
残金325円。


食費は1月分が31,189円(2,546ポイント)だったので、
4,506円ほど下がりました^^
ちょびっと外食してもこんなに下がったので大満足です☆

でも流動費の総トータルでは1月分が48,092円だったので、
183円高い。

食費が4,500円も下がってるのにどうしてだろう?
と思ったら、
その分美容費が先月より5,000円近く上がってた・・・orz

そこに友人宅へ遊びに行った際の交通費とイチゴ狩り代が入ったので、
結果的には先月と変わらない結果になったってことでした。

でも先月は帰省旅行の代金は特別貯金から捻出しているし、
それを考えると今月はまずまずかな?
と思います。

これ以上引き締めて殺伐とした気分になるのもイヤなので、
こんな感じが来月も続けていけたらいいなぁと思います☆

あ、今までは月~日で締めていましたが、
3月は火曜日始まりなので締めも火~月で行きます!


そしてポイント使用分。
今月は2,093円分オトクになりました!
ありがたや^^



次の日記で2月分の総家計簿を公開します☆





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



オススメサイトのご紹介。


私の使い勝手No1!
ECナビ!

↑上記バナーからの入会で500Pゲット!
私が断然オススメするサイトです。

このECナビの「レシトク」でレシートとバーコードをコツコツ貯めるのが私の習慣になっています。
レシトクはレシートを登録したポイントだけでなく、
登録した週は「ウィークリーポイント」が加算されるのでその分で100ポイント近く貰え、
更に「ボーナスポイント」で400ポイント近く貰うことが出来ます。
使い方の参考に記事を書いているので、
良かったら見てみて下さい。↓
【どうせ買い物するなら・・・。】

めんどくさがり屋さんのECナビ活用法も記事にしました^^

【めんどくさがり屋でも出来る方法】




第2位は、ポイントタウン。
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
毎日アンケートだのクリックだの色んな企画でポイントが貯まっていきます。
やってもやっても底が尽きることがないのが一番貯まりやすい。



第3位はネットマイル。
無料ですぐ貯まる!ポイントサイトすぐたま

上記バナーからの登録で50Pゲット。
大体1P=0.5円位の計算で計算しやすいのがポイント。
シンプルで分かりやすいのが気に入っています。
少しずつしか貯まっていかないのですが、
そのシンプルなやり方で長く続けられるので併用法として利用しています。



第4位がGポイント。
Gポイント
上記バナーより入会後90日以内に100P貯めると100P貰えます。
ECナビやポイントタウンは1Pの換金額がとても小さいのに対し、
Gポイントは1P=1円換算。
とってもわかりやすくて誠実なサイトです。

皆さんお友達紹介の特典やポイントの貯まりやすさばかりに目がいってしまうせいかあまり知名度がないですが、
私としてはコツコツ貯めていけばしっかり貯まるサイトなので登録しています。
何気にショッピングの還元率も高い!
還元率を計算する際に1P=1円って凄くわかりやすいですよ^^


よく色んなブロガーさんが、
「今月は5万貯めた! 」
「今月は10万稼げた!! 」
なんていっているのを人が居ると思いますが、
そうなるハズと思って始めると苦しいと私は思います。

現状私は良くても数千円程度。
それでもお小遣いの足しになって、
毎月決められた額の中で何を買おうかな・・・
って考えるのは楽しいです^^




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手[3回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック