忍者ブログ
36歳のシングル&ワーキングマザーLeafと、 13歳の女の子・Bellの日常日記。 「メリハリのある生活」をテーマに日々節約に励み、 遣う所を見極めて遣う!! オンとオフの切り替えを大事に日々を過ごしています^^
娘が林間学校へ行っている間の1日。
ママ友さんと焼肉屋さんで夕ご飯をご一緒しました^^

小学校6年生にもなればそう手がかかるものではなくなっているのだけれど、
それでも「子供不在」はかなり自由な気分になるものです♪

「Leafちゃん、こんなトコにいていいの? 笑」
(もっと甘い夜を過ごせと言う事ですよねー・・・苦笑)
と言う突っ込みは笑って流し、
わいわいみんなで食べて飲んで大いに盛り上がりました♪♪



お話は専ら中学校のお話。

うちの地域は公立は基準となる学区があり、
エスカレーター式に決められた中学へ進学しますが、
希望すれば定員に満たない他学区の中学へも進学が可能。

勿論希望が殺到するような人気校は抽選だし、
(変に学力が関係ないので、クジ引きとか本当にもうそういうレベルの抽選になってしまう。面談さえない。)
中堅所は「凍結校」と言い、
1番最初の希望提出でそちらに応募した生徒だけを受け入れて、
後日程での希望は受け入れないと言う早めに募集終了してしまう事もある。

それが毎年毎年その学年の希望に左右されるから親は動向調査に余念がありません。。。。



個人的な事情を話しておくと、
我が家は昨年秋に引っ越してしまったが為に、
現在「学区外」として小学校に通っています。
(うちの地域は学校数がとても多く、学区外ですが娘は徒歩15分もかからないで通っています)

なので当然中学校も今現在の通う小学校の学区とは別。
そこで微妙に難しい問題を抱えているのです。。。。


小学校の学区の中学校は、あまり人気がありません。
なので娘が申し込めばほぼ100%受け入れられると思われます。

対し、娘の学区の中学校は超人気校。
この地域の1番2番を争うような学校である為、
仮にお友達がこちらを希望してくれても「抽選」になることは必至。

近隣にもう1つ「中堅」所の中学校があり、
「抽選に外れて学区の中学に行く位なら、中堅所で押さえておいていいのではないか? 」
と言うような風潮がうちの小学校にはあります。

ただ「中堅」の中学校はマンモス校という事もあり、
校則が異常に厳しい事で有名。

マイペースで枠に囚われる事の苦手な娘は、
そうそうにこの中堅中学校を「ナシ」と判断したようで、
「行くなら小学校の学区の中学校か、学区の中学校に行く」
と言っています。



正直、
娘の気持ちは小学校の学区の中学校に行きたそう。
もう少しこちらの中学を希望してくれる子がいればいいのだけど、
あまりの人気故、敬遠している傾向がややあります><
娘もそれがちょっと寂しい様子。

小学校の学区の中学校なら友達も沢山いるし、
気心知れた子と一緒に入学出来るのは随分と心強いだろうなと思います。


でも、
わざわざ超人気校の学区にいるのに、
「なんとなく安心だから」
と言う理由だけで小学校の学区の中学校に入学させるのはどうなんだろう??
と思うんです。

勿論学区外だからそちらの方が遠いし、
生徒数が少ないから内申は取りやすいと言われているけれど、
部活数も少ないと聞く。

娘の性格は何に対しても「ほどほどでいいやー」なタイプなので、
のほほんとぬるま湯に浸かってると、
そこでも「ほどほど」を目指すだろうし、
だとしたら、
ハイレベルな所で頑張って「ほどほど」の成績を目指してくれた方が、
娘の底力も上がるような気がします。。。


友達はこれからいくらでも出来ると思うんだよね。。。
幼稚園が一緒だった子も数人娘の学区にいる事を知っているし、
学区内に通ってくれている方が何かと楽なのも事実。

どうしても小学校の学区でやりたい事があるのかと問うてもそうじゃないみたいだし。。。



と、
そのような話を私は悶々と話し、
それぞれの子供の進路の事を各お母さんも悶々と話し、
色んな情報交換が出来ました。

「乱暴であの子がキライだからあの子と同じ中学校には行かせたくない」
とハッキリ言っているご家庭があったり、
受験生のお子さんがいたり、
とても色々な環境の6年生。

ママはそれぞれ凄く色々子供の事を考えているんだなぁと言う事が改めて実感出来た夕食会でした^^




にほんブログ村

拍手[4回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック