忍者ブログ
36歳のシングル&ワーキングマザーLeafと、 13歳の女の子・Bellの日常日記。 「メリハリのある生活」をテーマに日々節約に励み、 遣う所を見極めて遣う!! オンとオフの切り替えを大事に日々を過ごしています^^
売買契約を結びました。
その際、売主さんとお会いすることが出来ました。

なんとなく、安心しますね・笑。
以前の持ち主さんと面識があると。



売買契約自体は2時間ほどで終了。
重要事項の説明だったり、
色々小難しい事を延々と読み合わせます。

色々質問が多いとこの時間は多くなり、
担当さんのお話だと過去最高は6時間程かかった人がいたそうです・笑。

私も気になるところはしっかり質問しました。
が、質問といっても1ページで2~3個ほど。
正直わからない部分も多いし、
適当で良いとは思いませんが、
ムリに色々質問しなくても良いのではないかと個人的には思います。


そしてこの時に、部屋の不具合が何点か見付かったと報告を受けました。
「早速修繕か?! 」
とドキドキしたのですが、
「売主さん負担で修繕して引渡しになります」
とのこと。


中古マンションの場合、
実際に住むに辺って第三者の業者が室内点検に入り、
水漏れや設備の不具合などがないかとみてくれるそうです。

そしてその際の不具合は全て「売主」さんが負担して修繕をしてくれるそうです。

その点検時の評価表は契約の際に私にも貰え、
点検した事を証明する旨と、
第三者業者からその部屋の一定期間の保障もつけて貰えました。



中古物件で一番不安なのはやはりこういう設備面だと思います。
なのでこの辺がしっかりしていたので、
とても安心しました。

何よりもまず「住める家」を買うことが前提なので、
不具合などはちゃんと直してから入居出来るようになっているのは助かりますね^^
入居してから修繕となるとお金もかかりますからね。
フルリフォームするからいいよ!
って人以外は、
ちゃんとその辺をどう対応してくれるのか、
不動産屋さんに確認してみる方が良いと思います★




そして同時に銀行の本審査がかかりました。
仮審査が通ればほぼほぼ本審査は通るとの事ですが、
結果が出るまでには最短で一週間。
ドキドキです><


そして言われた事。
この期間に銀行から個人名で会社に電話が来るかもしれないとのことでした。
本当に書類に書いた職場でその人が働いているのかという、在籍確認だそうです。
その電話で万が一「そんな人は居ない」的な事を言われると審査が暗礁に乗り上げる危険があるとのことでした。
会社宛に個人名でかかってくる電話なんて怪しいことこの上ないのですが・笑。

そういうことだったので、
普段電話応対をしてくれている女性スタッフさんには事情を説明しておきました。
「怪しい電話かかってくるかもしれないけど、ローン審査だから繋いで下さい」
と・笑。

結果的には3日後位に電話がかかってきて、無事に繋いでくれました。
ちゃんと「○○銀行の××です」と名乗ったそうです。




電話がかかってきてから翌日の夜。
不動産屋さんから
「審査が無事に通りましたよ」
と連絡を受けました。

「もう(家を買ったことを)人に話していいですか? 」
と聞いたら、
「もう大丈夫です^^ 」
とのこと☆

やっと手に入れることが出来ました!!!



ですが、引越しはもう少し先になりそうです><

ここまでくれば、
本審査通過から引渡しまではそんなに時間かからないらしいのですが、
売主さん事情で債権の抹消が時間かかるとの事で一ヶ月程見てくださいと言われました。

まぁ、引越しまでの日数があんまり短いとこちらも辛いので楽になったと言えば楽になったのですが・・・。
でも出来れば夏休み中に引っ越したかったな・・・。


そんな感じで今に至ります。
マイホーム話は一旦終了!
ですがまた、
引渡しから引越しまでお話出来るようになったらまとめていくつもりです^^
良かったら覗きに来て下さいね。




【ランキングに参加しています】
お時間があれば、ぜひポチして下さい^^
↓ 励みになります♪


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓ ポイントサイトのお得な活用法を、ブログで紹介しています^^ 
まずは登録! そしてまたブログに遊びに来て下さいね☆

 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン 
無料ですぐ貯まる!ポイントサイトすぐたま Gポイント


友達招待してもされてもポイントGet!アンケート・ポイントSNS mydoki


拍手[2回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック