忍者ブログ
36歳のシングル&ワーキングマザーLeafと、 13歳の女の子・Bellの日常日記。 「メリハリのある生活」をテーマに日々節約に励み、 遣う所を見極めて遣う!! オンとオフの切り替えを大事に日々を過ごしています^^
体力の低下と言うものは、
日々の運動不足が蓄積していけばいくほどに落ちていくと思っている。
(勝手な持論であるので、根拠は全く無い)


娘がスイミングを辞めたのが2年前だったか。
スポーツクラブやスイミングクラブ、
それまで運動系の習い事をしていなかったわけではないけれど、
高学年ともなってくると必然、
その習い事の比率は運動しないものに偏ってくる。

娘の場合だとピアノ、英語、造形教室。
いわゆる「運動系」の習い事が全く無い状態になって結構になる。



これは由々しき事態と私は思う。

そりゃ時間があればビーチボールチームに顔を出すし、
春先は短期でスイミングスクールにも入った。

それでも。
結局「毎週やっている」お子さんと比べれば、
絶対的に運動する機会というのは少ないのだよね。


スイミングスクールの短期講座も次回の講座が定員一杯で入れないと友人にこぼしたら、
「自分で空いている日にプールに行くのじゃダメなの? 」
と聞かれた。

ダメじゃない。
ダメじゃないんだけど、
じゃぁ自分で空いてる日にプールに行ったのか?
・・・・結局1度も行っていない。


そりゃそうだ。
「習い事の時間」となっていれば、
午前中に用事があっても間に合うように算段つけようとするし、
ずらせる用事ならば別の日にしてでもその運動する時間を確保しようとする。

ところが、
自主練ともなると優先順位は下の下になってくるし、
用事が優先となってしまうので結局「何もしない」日の方が多くなる。



幼少期、思春期の運動量は、
大人になってからの体力なんかに影響する。
(これも勝手な持論であるので、根拠は全く無い)

私が未だ逆上がりが出来るのも、
握力が30以上あるのも、
ずぅっと運動系の部活に入り毎日駆け回っていたからだと思っている。

娘にはその経験がないし、
これから先も娘の好みを考えるとまず無いように思われる。
きっと吹奏楽を選択するだろう。

「吹奏楽は文科系の中の体育会系って言われない? 」
と慰めの言葉もちらほら頂くが、
それでも陸上部やバスケ部の子と比べたいのだから比べ物にならない。



だからこそ。
少しでも運動量を上げる機会を増やしてやらなければ・・・。


そうアクセクしていつも申し込むのが、コレ。
 

近くの高校で開かれる公開講座。
去年は陸上とテニスだったけれど、
今年はテニス一辺倒になっていた。

個人的には陸上をお願いしたいのだが・笑。


高校の先生が実際に教えてくれるので、
割と本格的。
本人も乗り気。

ついでに言えば保険料だけで出来る全5回。
経済的も優しい^^



学校の勉強と違って、
筋肉量や運動する機会というのは一様に測ってはくれない。
成績が良くても筋力がなくてすぐ怪我や病気になるような大人にはなって欲しくないので、
勉強もそこそこ、運動もそこそこ、
そういう大人になってくれたらいいなぁと思います。


まぁ。
メンドクサイことをグダグダ並べ立てたけれど、
ようはこの公開講座、
楽しんで通ってくれたらいいなぁと思います!



【ランキングに参加しています】
お時間があれば、ぜひポチして下さい^^
↓ 励みになります♪


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓お得な活用法など、ブログで紹介しています^^ まずは登録!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン 


拍手[1回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック