忍者ブログ
36歳のシングル&ワーキングマザーLeafと、 13歳の女の子・Bellの日常日記。 「メリハリのある生活」をテーマに日々節約に励み、 遣う所を見極めて遣う!! オンとオフの切り替えを大事に日々を過ごしています^^

別れる直前、元旦那さんに言われたことがあります。


「何をしたってお前が正しい」


って。


 


そりゃぁ家庭を叩き潰したのはあちらさんですし、
100個行動があるとしたら、
その内の95個位間違ってるいたのはあちらさんなんです。

常日頃からそういう毎日があって、
だから例え残りの5個が私が間違っているとしても、
周囲はあんまり元旦那さんを「正しい」とは思ってくれなかった。



私は別に自分が正しいと思って行動をしていたわけではないし、
間違ってる5個を隠していたつもりもない。
私にも5個の間違いに自覚はあったしね。

でもその間違う5個に、周囲は寛容だったんですよ。
「仕方ないよ、誰でも間違いはあるもの」
って。


それが私の家族、友達だけに留まらず、
共通の友人や元旦那さんのお友達までそういう風潮でした。


常に
「旦那が悪い。嫁が正しい」
という周囲の評価がプライドの高い末っ子な元旦那さんには耐えられなかったんだろうな。
と思っています。

ちやほやされて生きてきてたと思いますから。


 


清廉潔白な生き方は、
隣に居る人間を追い詰める。


私はその時に心底そう思いました。
そして。
清濁併せ呑む、
飲めない性格であっても、
呑んでるフリをする事は必要だな、
と悟ったのでございます。



こんな話を友人何人かにしたことがあるんですけど、
「だって旦那が悪いじゃん」
と即答で言われていつも話が続きません。


ちーん・笑。


私のこの性格を根本から直すか、
元旦那さんの性格を根本から直すかしない限り、
私達はうまくいかなかったんだなと考えついた時、
「あぁ、もうこれはどうしようもないな」
と色々諦めがついたわけでもありました。


 


ちょっと昔を思い出しました。


 




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


拍手[4回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック