忍者ブログ
36歳のシングル&ワーキングマザーLeafと、 13歳の女の子・Bellの日常日記。 「メリハリのある生活」をテーマに日々節約に励み、 遣う所を見極めて遣う!! オンとオフの切り替えを大事に日々を過ごしています^^

そんなわけで。
先日、クレモの無料体験に行ってきました。
http://qremo.jp/about/


前日記【好き・苦手・やりたい・やりたくない。】でも言っていたけれど、
娘の「好きなこと」を伸ばしてやれるかな?
と思ったのがきっかけです^^


ロボット製作の方を申し込んだのですが、
生憎希望の時間帯は一杯とのこと。
別の時間帯でどうですかと言われたけれど、
時間を変えたくはなかったので、
あっさり「ゲームプログラミング」の方にしました。

後で娘に聞いてみたら、
「どっちでも良いけど」と前置きをした上で、
「ロボットの方がやりたかった」
と・・・苦笑。

別に常日頃ロボットが好きなようにも見えなかったので安易に変えてしまいましたが、
ごめんなさい・・・とちょっと思いました><


でも結果的には良かったんじゃないかなー・・・笑。



というのも、
娘はのっけからこのプログラミング講座にのめりこんでいきました。
教室内はわくわく感をくすぐるようなカラフルなテイストに装飾されており、
室内の風景は大きなガラス壁から覗くことが出来ます。
ロボットのクラスも隣で行われており、
合わせて覗く事が出来ました。

ロボットクラスは全員男子。
ちょっと元気が有り余っている子が多かったので、
娘が馴染めたかは弱冠疑問です・笑。
対し、プログラミングクラスは女子が多かった印象です。

ロボットはレゴエデュケーションを使って作業、
プログラミングはMITメディアラボが開発した子ども向けのプログラミング言語Scratchというものを使って簡単なゲームを作成するとのことでした。

娘は何度かレゴエデュケーションを使ったことがあるし、
星空くらぶではAdobeの映像編集ソフトを使っています。
どちらもお触り程度でしょうが、
抵抗感はなかったんじゃないでしょうか。

傍目にも凄く楽しそうにやっているのが伝わって来ました。




その間、スタッフさんにお話を聞けたので色々気になっている事を伺ってみました。

「プログラミングをしてゲームを作るっていうのは将来そういう仕事に就いた時に役に立つかなとは思うし、そういう仕事は色んな企業もやっているので多いと思うんですが、レゴを動かしてロボットを作るという仕事はさほど多くないように思うんです。何か通じるものがあるんですか? 」
と聞いてみました。
「scratchを使ってゲームを作るのも、レゴを動かすのも実は基本的には一緒なんです。プログラムの対象が画面の外か中かという違いなだけで、プログラムするというものは同じなんですよ」
と。

なるほど。
ゲームは画面上の何かを動かす為のプログラミング。
レゴは画面の外の何かを動かす為のプログラミング。
というわけですか。

まるっきり理解ができてなかった私は初めてここで納得。


もう一つ質問。
「今使ってるのはHTMLのような文字列じゃなくてわかりやすいように【斜めに走る】とか文字の入ったブロックを積み重ねてプログラムしてるじゃないですか。ホームページ作成ソフトを使えばHTMLを理解しなくてもホームページを作れちゃいますよね? ここでこういうのをやっても、そのソフトがないと何もできないという風にはならないのですか」
とちょっと意地悪な質問もしてみました。
すると、
「難易度が上がっていけば、scratchでは出来ることに限りがあることを子供は学びます。更にその先を求める子には、アルファベットだとこの並びでもっともっと動く事が出来ると言うものも教えていきます。小さい子はアルファベットの理解からになるので多少難しいですが、それでもやりたい! って気持ちが強いのでみんな必死にアルファベット表を見ながら覚えていきますよ^^ 」
とカリキュラムの冊子を開いて説明をしてくれました。

なるほど。
所詮このソフトがないとこの人は何もできない的な人にはならないのだね。
「HPツールは何を使いますか」

「メモ帳です」
と答えられる人になりうると言うことなのだろうか。



そして。
「人工知能の発達により、介護ロボや受付ロボットなんかは増大していくと思われます。そうすると人間の仕事は減ると言われていますね。でも、それでもそのロボットを開発していくというこの分野はまだまだ増大していくでしょう。そういったスキルを持つ人材にもなっていけるという可能性として、クレモを考えて貰えれば良いと思います」
ともいっていました。


確かにその通りかもしれません。
1/2成人式を去年終えて、
「はんぶんおとな」
になった娘。

「将来の夢」
から、
「少し先、未来の進路」
という言葉を使った方が相応しい時期になりつつある。
小さい頃から育んだ色んな「体験」や「経験」という【点】を結んで【線】にしていく。

今はその作業中なのですね。


有意義なお話を聞くことが出来ました。
勧誘もガツガツと言った雰囲気ではなく、
「お子さんが好きかどうかというのが一番大事」
ともおっしゃってくれていたし、
本当はロボットがやりたかったと言っていたと言ったら、
「納得しないまま入会はして欲しくないので、アレならもう一度今度はロボットに来て下さい^^ 」
とも言ってくれました。

クラブMiraikanの会員ですと言う話をした時も、
とても良い選択だと思いますと言ってくれました^^



そんなこんなな小一時間。
娘は一度も振り返らないままに一心不乱に作成。



プログラミングっていちいち面倒な事も多いし飽きるんじゃないかと思ったけど、
「面白かった! あっという間だった! 」
と目をキラキラさせて報告してくれました。

カリキュラムが2冊あったけど、
1冊はすぐに終わっちゃったから次のもやらせて貰ったんだって。

ちょっとしたゲームを作って、
私にやらせてくれました☆
よく出来てた^^



待合室では色んなゲームやレゴが置いてあって、
ウチにあるのと同じ「パープレクサスオリジナル」もありました。



娘の手・笑。


総じて凄く楽しかったみたいです。
「造形教室辞めていいからこっちに入りたい位楽しかった」
とまで言っていた・笑。
3月の継続意思確認の時に言ってくれればタイミング良かったんだけどな・苦笑。

ひとまずscratchは家でも出来るので、
当分様子を見つつ、
考えていけたらいいなぁと思います。

母子共にとても有意義な時間でした!
ありがとうございました!!!



【ランキングに参加しています】
お時間があれば、ぜひポチして下さい^^
↓ 励みになります♪


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓お得な活用法など、ブログで紹介しています^^ まずは登録!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン 




拍手[5回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック