忍者ブログ
36歳のシングル&ワーキングマザーLeafと、 13歳の女の子・Bellの日常日記。 「メリハリのある生活」をテーマに日々節約に励み、 遣う所を見極めて遣う!! オンとオフの切り替えを大事に日々を過ごしています^^
http://fundo.jp/89295
これを読んだ時に思った事です。





昔話をしよう。


娘がまだ3歳位の頃、
NHKスタジオパークに行く為に渋谷を歩いていた。

娘はグズり、
「もうあるけない・・・」
と泣いた。

言い訳だけど、
決して延々歩かせていたわけではない。
駅からバス停までのほんの数メートル。

3歳児にはきっと大変な道なのかもしれないのだけど、
私はこの子の為に歩かせたかった。



何故なら、
大人の勝手な事情ではあるが、
その頃、
折りしも離婚調停中。

だからこれからは、
どこに行くにも「私と娘」で行くしかないのだ。


娘が歩けないのであれば、行く事は出来ない。

だって。
大きな荷物を持つママと、
子供を抱っこしてくれるパパが居て成り立つお出掛けが、
この子にはもう出来ないのだから。

必然的に、家に閉じこもる毎日になってしまう。

「行きたいけど、行けないねぇ。。。」
そんな諦めを、
自分の為にもこの子の為にも私は持ちたくはなかったのだ。



私は娘に言った。
「疲れちゃったよね。でもね、もうちょっと頑張れば楽しい所に行けるんだよ。バス停までは頑張って歩けるかな? 」
娘は悲しげに俯いた。。。。


大丈夫。
閉館までに辿り着けば良い。
時間はまだある。

抱っこして安易に連れて行くより、
休憩しても、
時間がかかっても、
とにかく「二人で行く」と言う事がどう言う事か、
私は娘にも教えたかった。

頑張って欲しい。
頑張った分、
これからも諦めないできっと楽しい想いをたくさん出来るから。

「ちょっと休憩しよう。それから、また頑張って歩こうね」

娘は頷いて、道の端っこまで行って、しゃがんだ。
私も邪魔にならないように、その横に寄り添おうとした。



その時、
「アンタ、ママでしょう? こんな小さい子を歩かせて・・・抱っこしてやりなさいよ! 」
可哀想に・・・

腰の曲がったおばあさんが、
買い物カートを引きながら通り過ぎ様に私に言った。


え・・・?

なんで??


物凄くショックだった。



ねぇ、おばあさん。
バス停までの数メートル。
この子を抱っこして連れて行ったら数十秒で終わるんだよ。

でも時間がかかっても、
頑張って自分で歩こうね、
そう励ます事は、
母として間違っているのでしょうか・・・。





8年ほど前の事ではあるけれど、
今も鮮烈に覚えています。

自分の精神状態もあって、
余計に抉られたような気がしたのかもしれないけれど。。。


確かにあの日、
私は周囲から見て「可哀想」な事をしたかもしれないけれど、
そうやって日々日常少しずつ少しずつ子供が頑張ってくれたから、
私と娘は色んな所に行けました。

なんとなくこの記事を読んで、
過去を思い出したLeafなのでした。




【ランキングに参加しています】
お時間があれば、ぜひポチして下さい^^
↓ 励みになります♪
 
人気ブログランキングへ 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村

↓ ポイントサイトのお得な活用法を、ブログで紹介しています^^ 
まずは登録! そしてまたブログに遊びに来て下さいね☆

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン 
無料ですぐ貯まる!ポイントサイトすぐたま Gポイント
モッピー!お金がたまるポイントサイト
友達招待してもされてもポイントGet!アンケート・ポイントSNS mydoki 


拍手[4回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック