忍者ブログ
34歳のシングル&ワーキングマザーLeafと、 11歳の女の子・Bellの日常日記。 「メリハリのある生活」をテーマに日々節約に励み、 遣う所を見極めて遣う!! オンとオフの切り替えを大事に日々を過ごしています^^
運動会一週間位前からまた
「あっちいってよ」
とか
「アンタとはあそびたくない」
と言われ始めたらしい。

朝も一緒には園舎に入って貰えず、
ママとばいばいしてからの行動がノロノロになった。


う~ん。
かなりおっとり姫の我が子なのでAちゃんの気持ちもわからなくはない。
逆に「ぐずでノロマなBell」とレッテルを貼られて頭からいじめる対象になっている気がするんだよね。


Bellには
「戦え!」
と言ってあり、
「アンタが言い返さないと誰も言い返してはくれない」
と言ってある。


本人も結構努力しているのは垣間見えて、
まだ仲間外れが柔らかかった頃には
「Bellちゃんいつも順番こでやる時は一番最後ねって言われる」
と悩んでたりした時に
「たまには1番最初にしたいって言った?気持ち伝えないとBellが何考えてるかわかんないんだよ」
と言ったらちゃんと主張して1番最初にやらせて貰うことに成功したとか言ってた。
そもそもやる順番を決めるのがいつも特定の女子でその子の気分次第と言うのが気に入らないが、その点はそれで納得なんだそうだ。
幼児心は難しい。


おっとりしてて細かいことにこだわらず、自分が損をしていてもみんながにこにこならそれでまぁいっか精神は私にはない長所だと思うのです。
なのでこのままのスタンスは崩さずに、自分が譲れない部分だけはきちんと主張出来る子になっていってくれたらいぃなぁとかは思っていたんですよ。

でもさすがに
「Bellちゃんは仲間にいれたくない」
とか
「あっちいってよ2人だけで遊ぶから」
と言われたと言って凹んで帰って来られると私も胸が痛いわけです。

昨日色々考え過ぎてついに寝付けずブルドクターを見終わってしまい、
夜にまた凹むエピソードと寝不足のイライラがたたって彼女を怒鳴り付けてしまった時には
「あー、こりゃやばいな」
と思いました。



うちはただでさえ2人と1匹の閉鎖空間。
私がピリピリしてたら雰囲気も悪いし何より幼稚園であったことをよく話すようになった彼女がまた話さなくなってしまう。
この手の話題は1番仲良いママ友には話せず(何せ当事者だから)、別のママ友でもただの悪口になる。
パパに話せれば私の心の負担も半分になるのに、肝心のパパがいないじゃないか!!!!


前回それでかなり精神的に参った私は速攻で幼稚園に電話しました。
勿論RINの許可を取ってね。

過保護とか「子供がやることにめくじらを立てて」と自分自身思わなくもないんだけど、
前回その問題を一人で抱え込んだが為に精神が参ったので、
悶々と悩む位ならプロに投げてしまえと思ったのです。



先生は立派だったよ。
一園児の日常のヒトコマなんてわかるわけないだろーと思っていましたが、
私が思っていた以上に把握しておりました。

確かに相手の言い方がきついこと。
口達者なのでほぼ打ち負かされてしまうこと。
でも完全に負けっ放しというわけでもなく、たまに戦う姿勢は見えるから先生はフォロー程度でいたこと。

更に一部分しか見てないし、大抵は色んな伏線の後にぶつかり合うものだけど、先生はぶつかった場面しかみてないから伏線もきちんと見てから改めて話をしたいと言ってくれ、しばらく注意して見ていてくれると言ってくれました。
相手の子の性格もうちの子の性格もわかった上で、どちらの批判もせずにきちんと状況を話してくれたのはさすがだと思いました。

我が子が絶対正しいとは思ってないので、Bellを擁護するようならちょっと不信感持ったと思います。


とりあえず良かった。
かっこつけるのを止めて「我が子は可愛いんだよ仕方ないだろ」と思い直したことで、自分の心の平安は保てそう。
現状は変わらないけど、誰かと気持ちを共有出来たことに安堵しました。


Bellには
「ちゃんと言い返すところを先生も見ててくれるっていうから頑張りなね」
と伝えておきました。
頑張れ!


先生忙しいのにしょーもない育児相談的でごめんなさい。
助かりました。



という長いメモでした。

拍手[2回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック